2009年01月19日

博士の愛した数式/小川洋子

私の数学は中学2年の1学期で終了した。2学期からは数学だけじゃなく物理も化学も理数系と言われるものすべてが私の中で消去された。(ごめんね、先生)
ので、この本を読むことにずっと抵抗を感じていたんだけど、知人が「オモシロイよ」と言うので読んでみた。

数学の本じゃない。それはわかっていた。
記憶が80分しかもたない博士。そこへやってきた家政婦。その息子。どんなに親密になっても80分経てば自分達のことは忘れ去られてしまう。また初対面からやり直し。それでもまた近づきたくて、母と息子は毎日毎日健気な努力を続ける。もちろん、博士も努力する。二人に失礼がないように。息子√(ルート)を傷つけないように。自分は深い傷を抱えながらも。

「18は過剰な荷物の重みに耐え、14は欠落した空白の前に無言でたたずんでいた」
この本の中の数学はイメージできる数字。ただの数字ではなく、素数であったり素因数であったり、友愛数であったり完全数であったりと姿かたちを変えながら生き物のようにせまってくる。

すごい。

博士の愛した”数式”と思われる”オイラーの公式”は私にはチンプンカンプンだけど、「+1」によって「0」になる、その「1」無かったら「−1」になってしまう、その意味が大きいのだ大事なのだ、というのはよくわかった。博士が言いたいのは「+1」の存在による「0」。
大人3人に子供が一人加わることによって初めて「非存在を存在」させることができるようになる。

そう私は解釈した。

昔、「”無”と言うのは何も無いんだ」と言い張る人がいて、私はその人に「”無と言う存在”があるじゃない!」と言い返した。
その討論は堂々巡りに陥り未解決のまま、それ以来触れていない。
私がきちんと数学を勉強していたら「非存在の存在」という言葉を使って意味を説明できただろうに。
この本を読んだ今、やっぱり「無という存在はある」と確信できた。
そして、数字上のことだけじゃない、人間にも数式はあてはまる。博士はそれを「美しい」と感じるのだろう。

義姉と博士の関係もオイラーの公式にあてはまるのだろう。その場合は「=−1」という数式に、なってしまったのかもしれない。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

吉原手引草/松井今朝子

吉原を舞台にしたサスペンス★
推理物やサスペンス物はめったに読まないし、この本もそんな本と知っていたら読まなかったかもしれないが、読んでみたらおもしろかった。途中で「これってサスペンスやん」と気づいた時には遅かった。最後まで読まないと気がすまなくなっていた。

最後まで読んで、また最初から読んだ。
謎解き&確認のために。

葛城さん、すげーー。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

象の背中/秋元康

余命半年と宣告された48歳の主人公の話。悲惨ではある。が、まわりの人々のなんと寛容なことか。「これはおはなし、ノンフィクション」と念じながら読んだ。そうじゃないと私はこの主人公もろども秋元康さんに反感を抱いてしまう。そこまでのめりこむべきではないとわかっていても、ついのめりこんでしまうのはさすが秋元氏。してやられっぱなし。

主人公には心よりご冥福をお祈りしたい。
彼の死によって開放された女性達のその後が気になる。

今調べたらコミックやらで色々でてるのね。続編もあるのかな?
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

浮雲/二葉亭四迷

 最近軽めの本ばかり読んでいたので、たまには、と選んだ1冊。
いやぁ、いいねぇ、日本語って。素晴らしいね。綺麗だね。粋だよね。
あまりにも字が小さすぎて時々頭がくらくらしたが、やっぱりこうゆう本を読んで原点にかえる、われを振り返る、という作業は必要だ。と思う。
時々でいいから。
posted by なおっぺ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

危うい女/中平まみ

危うい女
RIMG0183.JPG


読み始めたら、最後まで読む。
信念で読んだ本。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

いま、会いにゆきます/市川拓司

だいぶ前に読んだ本。映画化されたずっと後だったけど。

読む前は「恋愛小説ってあんまり好きじゃないんだよな。でも話題になってるもんだし、読んでみるか」という軽い気持ちだった。
読み終わって・・・・苦しかった。

やっと諦めたものがまた目の前に現れて、そしてまた失くなってしまう。

なんてヒドイ!なんて残酷!
また期待したくなってしまうじゃない!!

でも、読んで良かった。
その一言につきた。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

さゆり/アーサー・ゴールデン

『さゆり』アーサー・ゴールデン著

 

外国の方が書いた日本の芸者の本。
上巻最初の「訳者覚書」を読んで「は?アーサーさんってのは何?」と思いながらも、「へぇーーーこれ、実話なんだ」と簡単に信じ込み、思い込み、読み終わるまでずーーーーっとそう思って読んでいた。

なんというアホ!
なんという間抜け!

普通に考えればこんな実話があるわけなく、読んでる途中で「田中一郎」とか「岩村電器」とネットで検索までしたのが・・・恥ずかしい。

でもそれほどまでにリアルで、のめりこめて、戦前戦後を生きたさゆりの生涯を通して見る芸者や舞妓の世界が新鮮で、ドキドキで、ハラハラで、なにより、日本の中のほんのちっぽけな部分でしかない祇園に見える日本人そのものの本質が、痛快であり、同感であり・・。
外国の方が書いたとは思えないのも、良かった。

とにかく、おもしろかった。
初桃さん姐さんや豆葉さん姐さんの戦い、おかぼちゃんの苦境、そして千代=さゆりの運命。女の強さと、男の単純さ。
時代は変わっても、あんまり変わらないものも、あるんだぁ。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif

posted by なおっぺ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

天国で君に逢えたら/飯島夏樹

この本を読んだきっかけで知った飯島夏樹さん。
それ以来、ブログを読むことはあっても著書を読む機会が無く、でもずっーーと読んでみたいと思ってはいた。

先日、図書館でふら〜としてたら本棚に発見。
前からあったの?それとも、映画の影響で入荷した?
新刊案内に載っていた記憶は無いので、たぶん、前からあったのだろう。

天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 天国で君に逢えたら
[著者] 飯島 夏樹
[種類] 単行本
[発売日] 2004-07-31
[出版社] 新潮社

>>Seesaa ショッピングで買う


「サーファーなのに、本も書けちゃうの?」
読んでみて改めて「すごい人だっただんだな」と実感。

末期ガンを煩った飯島夏樹さんが伝えたかったのは何?
自分が死んでからも残るもの、それは、目に見えない。
愛であり、優しさであり、心であり。
そんな想いをシュージに託して活字にしたのだろうか?

書きながら、苦しかっただろうな。
辛かっただろうな。

『ガンに生かされて』も是非読みたい。と、思う。

あ、この本、琉球大学ウィンドサーフィン部OB会の寄贈だそうです。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
タグ:飯島夏樹
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

エミリーへの手紙/キャムロン・ライト

読みやすい本が読みたいなぁと探していた時に見つけたのがこの本。
『課題図書 高等学校』とラベルが貼られていたので。

老人が残した詩にかくされた謎を解いていく物語。
謎を解き老人からのメッセージを手に入れていく過程で、登場人物たちは何が大事なことなのか気づいていく。そして壊れかけた家族はきずなを深めて家族再生への道を歩みだす。

分厚いわりには半日で読める。それほどオモシロイし、感動する。
日本語訳も素晴らしく、謎を含んだ詩の訳にはかなりの苦労があったんだろうな、と思われる。でも全く不自然じゃなく、むしろ自然に謎解きしたくなるような詩になっているので凄い!
もう一度、今度は自分で謎解きしながら読んでみたい。

最後まで気になったのが、老人ハリーは自分の意思で死んだのか、ということ。
それも含めてもう一度読んでみようと思う。

クリック願いますbl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

赤い手袋の奇跡ーギデオンの贈り物/カレン・キングズベリー

季節外れだけど、クリスマスの素敵なお話。

赤い手袋の奇跡―ギデオンの贈りもの赤い手袋の奇跡―ギデオンの贈りもの
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 赤い手袋の奇跡―ギデオンの贈りもの
[著者] カレン キングズベリー
[種類] 単行本
[発売日] 2006-10
[出版社] 集英..
>>Seesaa ショッピングで買う


「クリスマスの奇跡は、それを信じている人に起きる」


クリスマスに限らず、信じることの大切さ、素晴らしさを感じることのできる1冊。ギデオン、ありがとう。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

スピン/山田悠介

ちょっと忙しくて、久しぶりの読書。
どんな本かは考えずに、手に取った瞬間、綺麗なブルーに心が澄んでいく感じがして、読んでみるか、と。ただそれだけ。

スピンスピン
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] スピン
[著者] 山田 悠介

[出版社] 角川書店

>>Seesaa ショッピングで買う


子供達が寝た後にこそこそと読みはじめ、数時間後に読み終わって就寝。
そのせいか、夢を見た。
バスジャックした少年達がニュースになり、そのニュースを見ている私。夢の中では結末を知らない。ただ夕暮れの東京タワーの光景だけが放映されていた。

そのくらい、現実的なリアルな内容だった。結末以外は。
結末は、現実離れしていて不可解だったけど、それはそれで面白かった。「はぁ!なるほどね」という感じ?
山田悠介さんの著書は初めてだったけど、他のも読んでみたいと思う。

で、最後までよくわからなかったのがタイトル「スピン」。
なんでスピン?

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

指輪物語 追補編/J・R・Rトールキン

シェアブログbookに投稿

新版 指輪物語〈追補編〉 新版 指輪物語〈追補編〉
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 新版 指輪物語〈追補編〉
[著者] J.R.R. トールキン
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] 評論社

>>Seesaa ショッピングで買う


読みきれなかった。
私の苦手な分野の本でした。
でもところどころ拾い読みして楽しめる部分もあるにはあった。

なんかね、まるで歴史の教科書読まされてるようで指輪物語がフィクションなのかノンフィクションなのかわからなくなるような1冊。でも細部まで、詳細に、いろ〜んなことが設定されていたんだな、というのはよーーーくわかり、改めてトールキンという人の偉大さを感じた。

クリックしてね♪次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

指輪物語 王の帰還/J・R・Rトールキン

シェアブログbookに投稿

指輪物語の最終巻となる『王の帰還 上下』。
私は映画を”ながら見”しただけで、きちんと座って真正面から見たわけではないけど(元々映画より原作重視派なので)、この2冊、特に6冊目となる下巻を読めたのはとても幸せだったな、と思える。
映画には見えてこないストーリー。
指輪を葬った後の旅の中間達のその後やホビット庄の変遷ぶり、そしてサルマンの死。

改めて映画をきっちりと見てみたい気がしてきた。





新版 指輪物語〈5〉/王の帰還〈上〉新版 指輪物語〈5〉/王の帰還〈上〉
販売元 : Amazon.co.jp 本

価格 :
[タイトル] 新版 指輪物語〈5〉/王の帰還〈上〉
[著者] J.R.R. トールキン瀬田 貞二
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う





新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉
販売元 : Amazon.co.jp 本

価格 :
[タイトル] 新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉
[著者] J.R.R. トールキン瀬田 貞二
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] ..
>>Seesaa ショッピングで買う


参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

指輪物語 二つの塔/J・R・Rトールキン

『指輪物語 旅の仲間』の続き『二つの塔 上下』
はぐれてしまった旅の仲間たちのそれぞれのストーリーが展開されていく。

読んでいて、ハリー・ポッターの世界が彷彿される。
魔法用語や器具など、似ているな、と思うものがいくつか。
ガンダルフの存在はダンブルドアに重なる。
それは日本のもも太郎と一寸法師が似ているのと同じようなものなのかな。

[タイトル] 新版 指輪物語〈3〉/二つの塔〈上〉
[著者] J.R.R. トールキン瀬田 貞二
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] ..



[タイトル] 新版 指輪物語〈4〉/二つの塔〈下〉
[著者] J.R.R. トールキン瀬田 貞二
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] ..



参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

ホビットの冒険/J・R・Rトールキン

『指輪物語』を読みすすめるなかで度々出てくるそのルーツ、特に老ホビットビルボの冒険。

『指輪物語』の中ではただの”おいぼれた老人”(失礼!)でしかないビルボ。でもフロドやガンダルフから受ける尊敬は大きく、読んでて「なんで?」と思うことが多く、"ルーツとなる本"を読んでみたいなぁ、と思っていた。

ら、図書館の奥に埋もれるようにたてかけられていたこの本を発見。

読んでて「わっ、これか!」「そうだったんだぁ!」と納得できること多々。
それだけじゃない。
「えぇーービルボ、すごいじゃん!」と思えることも多々。
『指輪物語』より、おもしろかった。かも。

[タイトル] ホビットの冒険 改版
[著者] J.R.R.トールキン
[種類] 単行本
[発売日] 1983-01
[出版社] 岩波書店

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

指輪物語 旅の仲間/J・R・Rトールキン

テレビで放映された映画『ロード・オブ・ザ・リング』を見てたらアラゴルンの格好よさとレゴラスの美しさに魅せられ「映画見る前に本で読みたい!」と図書館へ。

なんと、図書館にはこのシリーズの本が、無かった。
リクエストしたら数ヵ月後、シリーズ全冊を入れてくれた。(ありがとーーー館長!)

早速読み始めた『指輪物語 旅の仲間 上下』
ハリー・ポッターもそうだけど映画の配役のイメージとダブってしまって読みにくいような読みやすいような・・・。

[タイトル] 新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間〈上〉
[著者] J.R.R. トールキン瀬田 貞二
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] ..



[タイトル] 新版 指輪物語〈2〉/旅の仲間〈下〉
[著者] J.R.R. トールキン瀬田 貞二
[種類] 単行本
[発売日] 1992-05
[出版社] ..

posted by なおっぺ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

天国までの百マイル/浅田次郎

じれったいほどの落ちぶれ中年男と、その周りの女性たち。
最後には復縁をしてもよいと元妻や子供達の気持ちが変化し、それを導いたようなマリの行動。

マリの行動を理解できない。けど、理解できる。でも理解したくない。

[タイトル] 天国までの百マイル
[著者] 浅田 次郎
[種類] 文庫
[発売日] 2000-10
[出版社] 朝日新聞社

タグ:浅田次郎
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

柳美里 命4部作

一気に読んだ4冊。
柳美里の「命」「魂」「生」「声」。

読んでいて怖くて、恐ろしくて、悲しくて、辛くてどうしようもないのに、読まずにはいられない。読みたくないのに、読み続けてしまう。
読んだ後も、怖い。

共感した、とか、そうゆう感じじゃなく、「なんでこんな思いまでして生きていかなくちゃいけないんだろうか?なんでこんな目にあわなくちゃいけないんだろうか?」と恐ろしさと不安でいっぱいになった。
2度目は読めない。いつかまた読めるときが来るのかどうかも、わからない。
でも時々、柳美里の母が言った「母は死ねないのよ。子供がいるとね、死ねないの。」という言葉を思い出す。

[タイトル] 命
[著者] 柳 美里
[種類] 文庫
[発売日] 2003-12-20
[出版社] 新潮社



[タイトル] 魂
[著者] 柳 美里
[種類] 文庫
[発売日] 2003-12-20
[出版社] 新潮社



[タイトル] 生(いきる)―命四部作〈第3幕〉
[著者] 柳 美里
[種類] 文庫
[発売日] 2004-01
[出版社] 新潮社



[タイトル] 声―命四部作〈第4幕〉
[著者] 柳 美里
[種類] 文庫
[発売日] 2004-01
[出版社] 新潮社

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月02日

鉄道員 ぽっぽや

浅田次郎好きの友達の話を聞いていて読みたくなった一冊。
まずは映画化もされたこれがいいかな、と何気なく図書館で借りてきた。

何コレ?浅田次郎って、こうゆう人?
歴史物を書く人だと思ってたんだけど、霊がでちゃうわけ〜?

読んだ後しばらく怖くて眠れない日々が続いた。

[タイトル] 鉄道員(ぽっぽや)
[著者] 浅田 次郎
[種類] 文庫
[発売日] 2000-03
[出版社] 集英社

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。