2008年10月28日

HappyIslandの本3/FMおきなわ 

P1020139.JPG


FMおきなわの人気番組【HappyIsland】からでた本の3冊目。今現在は8冊目が出ているが、どの本も発売同時にほぼ完売で入手困難と言われている。らしい。

その貴重な本の3号(?)を図書館で発見。早速借りて読んでみた。
ひろみさんのさわやかな声、笑い、つっこみ、もちろんボケを想像しながら。

ハッピーって、本になってもやっぱりおもしろい。


posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ナビィの恋ー沖縄ー永遠の愛してるランド

2007-06-24.jpgナビィの恋―沖縄‐永遠の愛してるランド

映画の原作を読みたかったんだけど、この本は映画制作の裏話的な本でした。映画を見た後に読むにはよいかも。
沖縄の大物といわれる面々がそれぞれ語るナビィと沖縄。それはそれで読んでて面白い。

映画原作本をもっと読みたくなった次項有bl-bn-1.gif

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

いのちのまつり/草場一寿・平安座資尚

慰霊の日に読みたい絵本 その6

たった一つの命だけど、その命が芽生えることができたのは何千人、何万人、何億人の命があったから。
楽しくおもしろく語られる命の永遠さと大切さ。
子供達が大好きな絵本。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あおじゅごん/金城明美

慰霊の日に読みたい絵本 その5

戦争だけでなく、環境やいじめなど、読み聞かせにはもってこいの絵本。
勇気をだして頭をなでてあげよう。きっと何かが変わるはず。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オジィの海/尚子

慰霊の日に読みたい絵本 その4


とにかく、絵が綺麗(絵は優佳さん)。
財布の中身が許してくれるなら、買いたいくらいだったが、今のところ保留(てっぽうをもったキジムナーはっぴぃさんを買ってしまったので)

オジィが孫に語る沖縄戦。
これまた涙無しには読めない、読み聞かせ泣かせな絵本だが、泣いてでも聞かせたいと思える絵本である。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てっぽうをもったキジムナー/たじまゆきひこ

慰霊の日に読みたい絵本 その3


てっぽうをもったキジムナーてっぽうをもったキジムナー
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] てっぽうをもったキジムナー
[著者] たじま ゆきひこ
[種類] 大型本
[発売日] 1996-07
[出版社] 童心社

>>Seesaa ショッピングで買う


たじまゆきひこさんの迫力ある絵と、切なく苦しい沖縄戦の悲話。
低学年でもわかる言葉で語られる沖縄戦。
図書館で見つけて、そのまま本屋に探しに行った私のお気に入りの絵本。

『てっぽうをもったひとは、てっぽうにたおされるのさあ。』
そうだよね、おじぃ。

涙無しには読めない絵本でした次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ちょっちゅね!/具志堅用高

ちょっちゅね!ちょっちゅね!
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ちょっちゅね!
[著者] 具志堅 用高
[種類] 単行本
[発売日] 2005-05-20
[出版社] ワニブックス

>>Seesaa ショッピングで買う


図書館でこの本を見つけた時「いつか借りてみようかな」と思った。
数日後、某ホテルで友達数人とランチを食べていたら一人の友達が「あ、具志堅用高」とつぶやいた。
私たちの前を携帯片手に話しながら歩く具志堅用高さん。そのまんま、だし、フツーのオジサン?でした。

で、そのまま図書館で見つけたこの本のことが話題に。図書館勤務の友人いわく「あの本はすごく人気があるから見つけた時に借りないと次いつあるかわからないよ!」

ということで借りて読んでみた。
もうね、ひっくり返るほど笑えるの!
ゲラゲラ笑うなんてもんじゃない。ひっくり返って息も出来なくなってひぃひぃ言いながらそれでも笑いがあふれ出てくる。

おかげで家族に白い目をむけらた。
ちなみに三度読んだけど、三度目にしてやっとひっくり返らずに普通に笑えるようになった。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

つるちゃん/金城明美

図書館で、放課後に集まった一年生に沖縄戦の絵本を読み聞かせしてくれた。
前もって「"つるちゃん"を読むよ」と聞いていたので、「一年生につるちゃんは難しくないかな?」と気になった。が、全員じゃないけどきちんと絵を見て、朗読を聴き、内容を理解しようとしている真剣な表情も見られた。
「つるちゃんは7歳だったね。みんなも今6歳とか7歳でしょ。みんなと同じ年の頃に、つるちゃんはこんなに苦しい体験をしていたんだね」と先生。
その後も先生を囲んで再び絵本を開きながら質疑応答(?)する姿に、一年生でも何かを感じ取ってくれているんだな、と安心した。

絵本と言えど戦争をテーマにしたものは重く、難しい。
大人の私たちでさえ途中で苦しく悲しくなって【読みきれない】と絵本を閉じてしまうことさえある。
本や写真でさえ苦しいのに、おじぃやおばぁは戦争そのものが生活の場だったんだよね。

おきなわ・メッセージ つるちゃんおきなわ・メッセージ つるちゃん
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] おきなわ・メッセージ つるちゃん
[著者] 金城 明美
[種類] 単行本
[発売日] 1997-04
[出版社] 絵本『つるちゃん』を..
>>Seesaa ショッピングで買う


慰霊の日に読みたい絵本 その2


金城明美さんの絵に感涙次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ナミイ!―八重山のおばあの歌物語/姜 信子

『ナビィの恋』を探していたらこの本があったので読んでみた。
歌が人生そのものだ、というナミィおばぁ。
朝から夜までひっきりなしに歌い三線を爪弾く。
「ほんとにいるの、そんなおばぁ?」
いるんだよね、それが。
八重山のナミィおばぁだけじゃないのが沖縄おばぁ。
掃除しながら、犬を散歩させながら大声で歌うおばぁを知っているので、ナミィおばぁとだぶらせながら楽しく読めた。

ナミイ!―八重山のおばあの歌物語ナミイ!―八重山のおばあの歌物語
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ナミイ!―八重山のおばあの歌物語
[著者] 姜 信子
[種類] 単行本
[発売日] 2006-01
[出版社] 岩波書店

>>Seesaa ショッピングで買う


ナミィ万歳!次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

恋しくて/中江祐司

映画よりも原作派なので、まずぅーと読んでみた。
映画のストーリーも知らないで読み始めたんだけど、原作なのか、映画から生まれた本なのか、どこまで映画でどこまで原作かわからない。
で、気づいたんだけど【映画原作小説】なんだって。

内容は、とっても読みやすくて楽しかった。
ちょっぴり切なく、でもとってもアッケラカン。
沖縄の不器用な男たち、しっかりものの女たちの世界も描かれていて読んでいて不自然さが無い。
どこまで本当かわかんないけど、へぇーーそうだったんだぁ、と興味深く読めました。
奄美のむちゃ加那節、聴いてみたい。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

御願ハンドブック

よくわかる御願ハンドブック
―ヒヌカン・トートーメー12カ月

2006-09-09 003.jpg


なんでおばぁは毎月(旧暦)1日と15日にイヌマキの枝を折るのか?不思議だった。
祖先の月命日かなんかなのだろう。
漠然とそう考えていたんだけど、どこのおばぁもイヌマキを折っている姿を見て、聞くべきか、聞かないべきか、これはもしかしてプライベートなことかもしれないし、とウヤムヤのままだった。

この本を読んで、納得。
家相の本に続き、私の沖縄生活バイブル本。

ちなみに、地元宮古人の友達も「この本読んで勉強になった」と私以上に感動していた。


[タイトル] よくわかる御願(ウグワン)ハンドブック―ヒヌカン・トートーメー12カ月
[著者] 「よくわかる御願ハンドブック」編集..

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

カミングヮ 家族を癒す沖縄の家相

沖縄の家はたいてい南か東向きに造られ、玄関から入った最初の部屋にお仏壇、右となりは床の間、左の奥に台所やトイレ・風呂。
誰の家に行っても、基本的にこの造り。
しかも風呂や台所は必要最小限に小さいことが多い。

なんでだろう?

最近、図書館で見つけた「カミングヮ 家族を癒す沖縄の正しい家相」という1冊の本。
答えは全部、ここにあった。
すごい!すごい!と唸りながら、夜、子供が寝た後や昼寝したすきに一気に読んだ。
そして、我が家の家相を振り返ってみた・・・

風呂場が狭いと文句言ってごめんなさい。
東の廊下を物置代わりに使ってごめんなさい。
あまり使わないから、と床の間の掃除をさぼってごめんなさい。
その他もろもろ・・・こんなんじゃ神様達、居心地悪いだろうなぁ・・・
それこそ家の大改築が必要なほどなので、とりあえず、自分達にできることから改善をはじめてみた。

で、片付け&大掃除。

散らかった家に安泰は無い。
感謝の心の無い人にも、安泰は無い。


幼い頃、【トイレ掃除をする人は美人になる】と教わった。
この本が書いてることは、家相だけじゃない、まさしくそうゆうことに違いない!
(トイレの神様は心の平穏を与えてくれる。トイレを掃除することはその神様を敬う事。そうすればトイレの神様はその人に心の平穏=それこそ本当の美しさをもたらすもの?=を与えてくださるだろうetc)

*カミングヮ=神の子 本島の言葉?
ユタとは違う視点で人々を癒していく著者(長嶺伊佐雄)は本当にカミングヮに違いない!

[タイトル] カミングヮ―家族を癒す沖縄の正しい家相
[著者] 長嶺 伊佐雄長嶺 哲成
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 199..

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

子乞い

八重山 鳩間島の実話 『子乞い』
過疎・少子化に翻弄される小さな離島。
住み着いたナイチャーの心境も鋭い。
昔に書かれた本ではあるが、今現在の私のまわりの状況となんらかわりない気がするのは・・・・?

うわべや建前が、生きていくうえでものすごく必要になることもある。

ドラマ「瑠璃の島」の原作となった本。
著者 森口 豁(もりぐち かつ)

[タイトル] 子乞い―沖縄孤島の歳月
[著者] 森口 豁
[種類] 単行本
[発売日] 2005-04
[出版社] 凱風社

ラベル:子乞い 瑠璃の島
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

新ゴーマニズム宣言 沖縄論

【日米同盟さえあればと思うのならそれを一身に引き受けて苦悩している沖縄について知らなければならない】

日本は今のところ平和だ。日米安保に守られているから。
だから自衛隊がイラクに行かなくてはいけなかった。
だから基地撤去もできないでいた。
思いやり予算?そんなものが存在していたなんて・・・。

宮古へ住むようになって宮古のことを知れば知るほど強く感じるようになっていた違和感、罪悪感、全てはこのことだった。

基地の島沖縄。
基地を抱える代償として過剰なまでに保護された島々。
そしてその甘い蜜だけを吸って自分では何も苦労をしていない離島の島々。

本島でも基地の存在を意識しないで済む人々もいる。
彼らはどんなふうにこの本を読むのだろう?
また基地からの収入で生活をしている人々は?
「基地依存症」、戦後アメリカユーの時代を生き抜いた本島の人々から見たら、今はどんなに心の荒れた時代とうつるのだろうか?

沖縄の歴史について知らないことが多すぎた。
酒飲み座で出てくる「薩摩侵略」「琉球処分」「亀さん」「日米安保」「B円」etcという言葉、漠然とわかったつもりでいた。

沖縄の戦後はまだ終わっていない、このまま終わらせてはいけないんだ。
そう、感じた。
イモ裸足!できるか?
と言われればできないだろう。
できると応えて失う物から得る物の意味は大きいのに。
そして宮古にはまだ甘い蜜を拒否して「イモ裸足」で生きてる人もいるというのに。

仕事で、とか、お嫁に来て、とかではない「好きで来た」宮古島・沖縄。
わかりやすく読みやすい1冊。

[タイトル] 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論
[著者] 小林 よしのり
[種類] 単行本
[発売日] 2005-06
[出版社] 小学館

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。