2007年06月10日

恋しくて/中江祐司

映画よりも原作派なので、まずぅーと読んでみた。
映画のストーリーも知らないで読み始めたんだけど、原作なのか、映画から生まれた本なのか、どこまで映画でどこまで原作かわからない。
で、気づいたんだけど【映画原作小説】なんだって。

内容は、とっても読みやすくて楽しかった。
ちょっぴり切なく、でもとってもアッケラカン。
沖縄の不器用な男たち、しっかりものの女たちの世界も描かれていて読んでいて不自然さが無い。
どこまで本当かわかんないけど、へぇーーそうだったんだぁ、と興味深く読めました。
奄美のむちゃ加那節、聴いてみたい。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

恋しくて―映画原作小説
Excerpt: 恋しくて―映画原作小説
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-05-21 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。