2008年12月15日

吉原手引草/松井今朝子

吉原を舞台にしたサスペンス★
推理物やサスペンス物はめったに読まないし、この本もそんな本と知っていたら読まなかったかもしれないが、読んでみたらおもしろかった。途中で「これってサスペンスやん」と気づいた時には遅かった。最後まで読まないと気がすまなくなっていた。

最後まで読んで、また最初から読んだ。
謎解き&確認のために。

葛城さん、すげーー。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。