2009年01月30日

読書録移動

今後のなおっぺの読書録はCafe Bossa(カフェ・ボッサ)に変更します。ここには読みたい本・買いたい本を中心に残していきます。

最近の読書録は、右サイドバーに並ぶ本棚の一番上左端から並べます。よろしくね。
posted by なおっぺ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買いたい絵本・本 その3

 


↓図書館で発見。読めました。↓
(1月31日 感想はカフェ・ボッサなおっぺに。)

posted by なおっぺ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 買いたい本など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

2009年01月21日

ティッピ野生の言葉

私の大好きな少女ティッピのエッセイ&写真。動物と話をし、猛獣さえも友となる、不思議な少女ティッピ。

彼女の他の本2冊はもう15年くらい前に買っていたのに、3冊目のこの本をなぜか手に入れてなかったことに気づき、注文。
今日、届いた☆

嬉しい♪
宝物がまたひとつ増えた。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

博士の愛した数式/小川洋子

私の数学は中学2年の1学期で終了した。2学期からは数学だけじゃなく物理も化学も理数系と言われるものすべてが私の中で消去された。(ごめんね、先生)
ので、この本を読むことにずっと抵抗を感じていたんだけど、知人が「オモシロイよ」と言うので読んでみた。

数学の本じゃない。それはわかっていた。
記憶が80分しかもたない博士。そこへやってきた家政婦。その息子。どんなに親密になっても80分経てば自分達のことは忘れ去られてしまう。また初対面からやり直し。それでもまた近づきたくて、母と息子は毎日毎日健気な努力を続ける。もちろん、博士も努力する。二人に失礼がないように。息子√(ルート)を傷つけないように。自分は深い傷を抱えながらも。

「18は過剰な荷物の重みに耐え、14は欠落した空白の前に無言でたたずんでいた」
この本の中の数学はイメージできる数字。ただの数字ではなく、素数であったり素因数であったり、友愛数であったり完全数であったりと姿かたちを変えながら生き物のようにせまってくる。

すごい。

博士の愛した”数式”と思われる”オイラーの公式”は私にはチンプンカンプンだけど、「+1」によって「0」になる、その「1」無かったら「−1」になってしまう、その意味が大きいのだ大事なのだ、というのはよくわかった。博士が言いたいのは「+1」の存在による「0」。
大人3人に子供が一人加わることによって初めて「非存在を存在」させることができるようになる。

そう私は解釈した。

昔、「”無”と言うのは何も無いんだ」と言い張る人がいて、私はその人に「”無と言う存在”があるじゃない!」と言い返した。
その討論は堂々巡りに陥り未解決のまま、それ以来触れていない。
私がきちんと数学を勉強していたら「非存在の存在」という言葉を使って意味を説明できただろうに。
この本を読んだ今、やっぱり「無という存在はある」と確信できた。
そして、数字上のことだけじゃない、人間にも数式はあてはまる。博士はそれを「美しい」と感じるのだろう。

義姉と博士の関係もオイラーの公式にあてはまるのだろう。その場合は「=−1」という数式に、なってしまったのかもしれない。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

あなたは絶対運がいい!/浅見帆帆子

図書館の職員さんに「なおっぺはこうゆうの読む?」と渡された1冊。

24歳(当時)の女性が書いたとは思えないほど説得力があり経験に裏づけされている。ひとつひとつの経験を注意深く観察し、検証し、自らをふりかえり、よくここまでじっくり向き合えたなぁ、と感心するほど事細かく掘り下げたからこそ書ける内容。

読んでて「聖なる予言」を思い出した。「聖なる予言」をもっと身近に、もっと日本人的に、もっともっと簡単に書いた本がこの浅見さんの「あなたは絶対運がいい!」のような感じ。内容的に「新しい」とはいえないと思うけど24歳の女性が24歳の経験の中でこれだけ書けると言うのはすごいし、誰が読んでもわかるような文章なので精神世界やらを語る本を手元に1冊置くなら私は迷わずこの本を選ぶだろう。マイナスに陥りそうな時、陥った時に開きたい本は?と言われたらこの本を挙げるだろう。

【良いことも悪いことも、自分に起こることはすべて自分が招き寄せている】
【まだ起きてもいないことを勝手に心配するほど意味のないことはありません】
【考えても解決しない時は、考えるのをやめる】【人事をつくして天命を待つ】
【本当になったら困ることは冗談でも言わない】
【うまくいったら感謝する】

これはほんの一部だけど、これらがすべて裏づけされ確証され書かれている。人として身につけておきたい道徳でもある。と思う。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

剣に命を



赤穂浪士の本を探していた時に見つけた1冊。

「再び消えた一刀斎」  南條 範夫
「富田勢源」      中山 義秀
「秘剣 やませみ」   伊藤 桂一
「師弟剣」       藤沢 周平
「夜啼き石」      五味 康祐
「荒木又右衛門」    池波 正太郎
「堀部安兵衛」     戸部 新十郎
「平山行蔵」      柴田 錬三郎
「人斬り彦斎」     海音寺 潮五郎

という9編。
読み応えあり。大有り。「剣」がテーマなだけに、剣の流派や剣技名なども読んでて楽しい。

「夜啼き石」は何度読んでも意味がよくわからなかった。
ラストの「や、新免武蔵か」で、なんでここで武蔵〜??しかも新免〜???と歴史モノにうとい私にはチンプンカンプン。
歴史の背景やら何やらきちんとわかってないと理解できないのかも。

勉強しまっす!
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

ちょっとだけパンツをはいてとなりのトイレにいきました/小椋貴子

 小学校の先生が集めた子供達の詩。

とっても純粋で
とっても素直で
とってもかわいい

わかるわかる!私もそうだった!俺も〜。
と、懐かしかったりもする。

笑いあり 涙あり ドキドキあり 
読んでて励ましたり励まされたり

先生のコメントにも、ほんわか。

学校で「詩」を習い始めた息子に読んで聞かせたら、気に入った詩をメモしていた。
posted by なおっぺ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

中国で、呑んだ!喰った!キゼツした!/江口まゆみ

昨年は食品問題でかなり騒がれた中国。『中国で、呑んだ!喰った!キゼツした!』って聞き「え?また?今度は何?」と思ってしまったのは、私だけ?怖いようなでも真実を見ておかなきゃ、という気持ちで詳細を見てみると・・・

酔っぱライター?
60日間9600キロ、1泊メシつき3000円の旅?
農薬だの毒物だのという表現は見当たらない。
そして私をひきつけた決め手のフレーズ
『彼女にかかれば世界はこんなに狭くなる!
言葉の壁はこんなに低くなる!』


一言で言えば【ある酒好き女性の酒旅日記】
それがただの酒好きじゃない。酒の知識を十分に備えどっぷりとつかる本格的な酒豪、正真正銘の「酒」好き。呑むのも(たぶん)作るのも嗅ぐのも好き。つまみにもうるさい。だからと言ってわがままじゃない。許容範囲は限りなく広い。もちろん酒の種類も広範囲。和洋問わずでぬるいビールもOK!

読んでみたい!
と応募して、届いたのは心身ともに忙しい年末。
夜、子供達が寝静まった後に「さぁ読もう!」とページを開くものの、気づくと爆睡。夜中にふと目を覚まして「あぁ、いけない、また寝てる」
というわけでなかなか読みすすめることができず、やっと余裕をもてた正月(年を越しちゃえば年末に終わらせられなかったことにも色々諦めをつけられるからね)、読むことができた。

かーなーり、本格的です。ソムリエとかそういうのはこうゆう経験を積んだ人だけがなるべきでは、と思う。酒の蒸留だの醸造だの、原料だの麹だののあたりは私のようなシロートにはチンプンカンプン。また、中国都市部での酒の旅は酒造工場も大きかったり大手だったりで「ふぅーーん」と読み流してしまうような文章。が、奥地、少数民族の密造酒やら地酒やらのくだりはめちゃくちゃおもしろかった!夢中で読んで気づくと丑三つ時・・・。たぶん、この酔っぱライター江口まゆみさんも奥地は楽しかったのだろう。カエルを食うのは当たり前。ミミズ・さっきまで生きてた鶏・蛇、出されたものを当たり前に抵抗無く胃袋におさめていくこの女性、友達だったら最高だっただろうなぁ。

この本をくれたモラタメさん、日経BP社さん、そして酔っぱライター江口まゆみさん、ありがとう。正月早々、楽しい本を読めました。

posted by なおっぺ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。