2008年03月28日

生き残りし者の太陽/高見沢 弥

RIMG0197.JPG生き残りし者の太陽

高見沢 弥 著
近代文藝者 発行

ぱらぱらぱら・・・とめくった時に「あ、読みやすそう」と思い入手。
満州へ渡った日本人一家の様子が描かれていた。

私のおばぁちゃんは満州から引き上げてきた、と聞いているがその時お母さん(=ひぃばぁちゃん)を満州へ置いてきてしまったらしい。

もしかしたらこの女の人はばぁちゃんかな?ひぃばぁちゃんだってでてきてもおかしくないかも、と思いながら読んだ。たとえでてきていたとしても、私には確かめる方法はないけどね。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif



posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

旅券のない犬/西村寿行

RIMG0198.JPG『旅券のない犬 』

西村寿行 著
講談社 発行

ドラマ『炎の犬』を見て紀州犬を飼った我が実家。この本は表紙の紀州犬が気になって知人からもらった。
本能に忠実な十兵衛。人間には無い、又は忘れてしまった「ある本能」にしたがって、十兵衛は愛する飼い主に会い、日本へと帰る。

これがもし映画化されたら、いったいどんな映画になるんだろう?ジャンルは何になるんだろう?アクション?R18指定?感動の動物物?複雑な、激しい読み物だった。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif



posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

花さき山/斉藤隆介・滝平二郎

 

今年度最後の読み聞かせは2年生。
『花さき山』と『はじめてのおるすばん』の2冊。
『はじめてのおるすばん』を読み聞かせするのは約2年ぶりで、幼稚園以来(2006年6月6日)。違ったのは「大笑い」だったこと。普通に読んでるだけなのに、子供達、きゃっきゃっと笑う。みほちゃんのやりとりが面白かったらしい。

『花さき山』は、さすが2年生。わが身に置き換えて聞いていたのだろう、怖いくらいに真剣な表情だった。さすが滝平版画。絵本なのに迫力ある〜!

なぜこの2冊?と言うと、忙しくてじっくり選ぶ時間が無かったから思いつき&目に付いた、読みなれている。
予習無しで挑んでしまった最後の読み聞かせ。静かに聞いてくれてありがとう、2年生。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。