2007年08月20日

せんたくかあちゃん/さとうわきこ

長男坊の夏休みの自主的宿題、せんたくかあちゃん暗唱。

先生が「もしできたら」という前提で「好きな本を1冊覚えてきてね」と言っていたらしい。
宿題はほぼ終えたので「どうする?」と聞くと「やる」という。
いくつかの候補の中から選んだ本は、せんたくかあちゃん。おはなしサークルの人形劇に使った絵本で一年ほど前から練習も本番も何度も見てきている馴染みのある1冊。
この本を選ぶとは!キミもなかなかやるのぉ!

一年弱の間見てきただけあってさすがにほぼ全文覚えているんだけど、言い回しが人形劇そのもの。様々な効果音まででてきます。
先生、早くもアレンジ入っちゃってます・・・

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

環境問題はなぜウソがまかり通るのか /武田邦彦

我が家では、洗濯にも台所にも洗髪にも合成界面活性剤をを含まない「石鹸」を使い、リンスのかわりはクエン酸と一滴の椿油、エアコンも使わないし、車(ディーゼル)のガソリンは天ぷら油、水も電気もガスも灯油もなるべく浪費することがないよう常に気を使い、子供達にも口うるさく注意してまわっている。牛乳パックやアルミ缶、食品トレーなどはゴミ収集車ではなく「リサイクル」として集められている場所へと持ち込んでいる。買い物はもちろん、マイバッグ持参。

が、それらのことがどれだけ地球のために役にたっているのか、私たちのしていることはどれだけ意味のあることなのか、時々疑問に思うことがあった。

私たちがどれだけがんばっても「そんなこと知ったこっちゃない」という顔でエアコンガンガンの部屋でたばこをふかし、エンジンかけっぱなしで車から離れ、泡が大切、と洗剤をたっぷりつけながら皿を洗う人々。一生懸命作ったはずの料理を無造作にゴミ箱に捨て、海や夕焼けを「綺麗」と見ることはあっても、風を見ようとしない、鳥や生き物の小さな声を聞こうとしない人々。

そんな人々を見るたびに、心が痛んだ。

その意味でこの本は「私が本来どうしたかったのか」を模索するための良いヒントをたくさんくれた。
著者の武田教授に関しては賛否両論もいいところ、環境破壊の第一人者でしかない、データは捏造されたものだ、などとどちらかといえば叩きまくりの意見が多いように思う。
アル・ゴア氏と武田教授、どっちが良いのか悪いのか、正しいのか間違っているのか、考えれば考えるほど、調べれば調べるほど、読めば読むほどわからなくなる。

そんなこんなでこの本を、3回連続(や、4回だったかな?)図書館で借りた。
返却期限が来て返しに行くんだけど、返したその場で再度貸し出しさせてもらう。
じっくりどっぷり考えながら読みたかったから。

アル・ゴア氏も武田教授も『地球を守りたい』という気持ちは同じだ。そして地球を守るためにはひとりひとりが【意識】しなくちゃいけない。そこまでは一緒なのに、やり方が全く違う。

私がふたつの極論の両方を理解できたのは結局、武田教授の「石油が枯渇すれば地球温暖化は自動的に解消」という言葉だ。

【意識】するためにはいろんなことを節約して、いろんなものをリサイクルして、ひとりひとりが常に気をつけることが最もわかりやすく有効。でもそれは具体的な「行動」にすぎない。
大事なのはそのことを意識する人々の「心」や「思い」の方向じゃないのか?

武田教授が言いたいのは「石油に頼り切った日本社会、そのために心・精神が廃退し、真の意味の豊かさを感じられなくなった日本」への警告に他ならない。
少なくとも私はそう理解したし、これからどうすべきかも、見えた。どうして私が悔しい思いをしていたのかも、よくわかった。

エコだロハスだ環境だと騒ぐのは愚かだ、心のどこかで感じていたその気持ちに武田教授の言葉がぐっさり刺さり、同時に気持ちがすっきり晴れわたった。
武田教授の心意気とアル・ゴア氏の指針、両方ともがとっても大事。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

メダカのえんそく/阿部夏丸

長男坊が【初めて描く読書感想画】に選んだ一冊。
選んだ、というより、選ばざるをえなかった、ってのがホント。
夏休みの宿題のひとつ、感想画用に指定された本。夏休みに入ってから図書館行ったって課題図書や指定図書がみぃんな貸し出し中になるのは当たり前。この1冊が残っていたことは奇跡に近い幸運。

「見えないものがあるときは、
目を閉じて見てみよう。
見えなかったものが、見えてくるかもしれないよ。」


見開きに書かれた作者からのメッセージ。

感想画を描いたことの無い私と息子にとって、このメッセージはとても大きなヒントをくれた。
読み終わっても「何をどう描いたらいいのかわかんない!」といらつく息子に、感想画の経験が無い私が何を言ったらいいのかわからず一緒にイライラ。

「今度は読んであげるから、目を閉じて聞いててごらん。何かがわかるかもしれないよ?」

意地悪うなぎの顔、泥、跳ねる水、子めだかたちの様子・・・
読み終わって「どう?」と聞く前に「目をつむって聞いてたら見えた!」

おかげさまで無事に描き終えることができました。

参加してみた次項有bl-bn-1.gif
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。