2006年09月08日

カミングヮ 家族を癒す沖縄の家相

沖縄の家はたいてい南か東向きに造られ、玄関から入った最初の部屋にお仏壇、右となりは床の間、左の奥に台所やトイレ・風呂。
誰の家に行っても、基本的にこの造り。
しかも風呂や台所は必要最小限に小さいことが多い。

なんでだろう?

最近、図書館で見つけた「カミングヮ 家族を癒す沖縄の正しい家相」という1冊の本。
答えは全部、ここにあった。
すごい!すごい!と唸りながら、夜、子供が寝た後や昼寝したすきに一気に読んだ。
そして、我が家の家相を振り返ってみた・・・

風呂場が狭いと文句言ってごめんなさい。
東の廊下を物置代わりに使ってごめんなさい。
あまり使わないから、と床の間の掃除をさぼってごめんなさい。
その他もろもろ・・・こんなんじゃ神様達、居心地悪いだろうなぁ・・・
それこそ家の大改築が必要なほどなので、とりあえず、自分達にできることから改善をはじめてみた。

で、片付け&大掃除。

散らかった家に安泰は無い。
感謝の心の無い人にも、安泰は無い。


幼い頃、【トイレ掃除をする人は美人になる】と教わった。
この本が書いてることは、家相だけじゃない、まさしくそうゆうことに違いない!
(トイレの神様は心の平穏を与えてくれる。トイレを掃除することはその神様を敬う事。そうすればトイレの神様はその人に心の平穏=それこそ本当の美しさをもたらすもの?=を与えてくださるだろうetc)

*カミングヮ=神の子 本島の言葉?
ユタとは違う視点で人々を癒していく著者(長嶺伊佐雄)は本当にカミングヮに違いない!

[タイトル] カミングヮ―家族を癒す沖縄の正しい家相
[著者] 長嶺 伊佐雄長嶺 哲成
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 199..

posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。